超高層マンション大規模修繕工事コンサルタントでのよくある質問

首都圏ではない地方都市のタワ―マンションでも相談にのっていただけますか。
もちろんです。タワーマンション特有の問題はエリアに関係なく存在すると把握しています。ご相談はお気軽になさって下さい。
まだ管理組合でしっかりとした大規模修繕計画がスタートしていない段階ですが、専門家の何らかのお話をお伺いしたいと思っています。このような状態でも相談可能ですか?

大丈夫です。ご質問の方に限らず、まだ計画のごく初期段階や検討の前段階でのご相談もかなりあります。
ご遠慮せずに何でもお聞きください。また時間がない方向けには弊社相談スタッフを派遣することもできます。合わせてご利用下さい。

タワーマンションの役員ですが、大規模修繕工事のコンサルタント費用が気になっています。通常よりかなり高額になりますか?
タワーマンションだから何でも高額になるというようなことはありません。
そもそもコンサルタント費用は調査診断・改修設計・設計監理・工事監理業務費用の項目に分かれます。調査診断・改修設計費用は戸数割合に比例する場合が多いのですが、設計監理・工事監理業務費用は工事期間の長短により費用が増減します。いずれにしても詳細のコンサルタント費用は無償にて見積もりしますのでお問い合わせ下さい。
大規模修繕工事に当たり超高層タワーマンションならではの問題点があるのではないかと心配です。専門家としてコンサルタントした場合どのようなアドバイスがありますか?
問題点は大きく二つあります。一つ目は管理組合運営の難しさ、二つ目は技術面で超高層ならではの特徴があることです。弊社では数多くの経験から導き出したノウハウをもって適時に必要な助言を行っています。
建物調査診断の際には住んでいる上での大きな制約が発生しますか?
そのようなことはありません。建物調査診断は大規模修繕工事検討の重要な第一歩です。建物に関わる様々な重要な情報が入手できます。この調査診断だけでもまずは実施してみてはいかがでしょうか。
大規模修繕工事の工事中の様子が大変気になります。バルコニーの使用制限や工事期間などの情報をできるだけ教えてください。
大規模修繕工事期間中は多少の騒音や粉塵などが発生し、換気や採光などにも多少の制限がかかります。また、バルコニーについても使用制限がかかります。ご心配でしょうがこのような事をまとめて理解できるプロジェクター用資料を用意しています。ご用命があれば説明スタッフが訪問してわかりやすく説明しますのでお気軽にお尋ね下さい。
築5年目の超高層大型タワーマンションですが、来年より修繕積立金が段階的に値上げになります。このままですと将来の負担増が心配ですが相談にのってもらえますか?
大丈夫です。修繕積立金値上げに関するご相談にも数多く対応してまいりました。大規模修繕工事に限らない様々な分野のサポートもさせていただいていますので、必ずお力になれます。